SSL導入のポイント

SSLで防ぐ4つのリスク

SSLとは、インターネット上でやりとりされる、住所や電話番号、クレジットカードに関する情報などの個人情報を、第三者に情報を覗かれたり盗まれたりしないように通信を暗号化する技術です。
SSLによるセキュリティ対策で、盗聴や改ざん、なりすまし、否認の被害を防ぎ、ユーザーの安心感と信頼感を高めることが可能です。

SSLの説明

独自SSLをおススメする理由

独自SSLの場合、アドレスはそのままで、お問い合わせフォームや購入ページのSSLページへ移動します。
また、さらにSSL証明書や信頼性の証のサイトシールの利用も可能であり、ユーザーへサイトの安全性とセキュリティの高さをアピールすることができます。

独自SSLはアドレスは変わらずSSLページへ移動するから安心

共有SSLで不安になる要素とは

共有SSLの場合、同じホストのユーザーで1つのサーバー証明書を使用しています。
費用は安くすみますが、お問い合わせや購入時のSSLページに移動した場合、独自ドメインとは違うアドレスのページが開き、フィッシング詐欺ではないかと心配したり不安に感じるユーザーも少なくありません。サイト運営者にはすぐに使え、コストが安いなどのメリットはありますが、ユーザー側からするとメリットはありません。

ドメインとは違うアドレスで不安になるユーザーが多い

SSLを導入する場合のポイント

インターネットを利用しての犯罪行為が増えている現在、ユーザーのセキュリティや個人情報保護に関する意識は高くなっています。共有SSLも暗号化されているので安全ですが、運用するサイトによって使い分けることが必要です。

  • 独自SSL
    法人サイトの個人情報を扱うお問い合わせフォームや資料請求・アンケート
    住所やクレジットカード情報などを入力する通販サイト
    ネットバンキングなどの金銭の授受を伴うWebサービス
    企業内ネットワーク用のサイト
  • 共有SSL
    個人サイトのお問い合わせフォーム、アンケートなど

電話でのお問い合わせは
(月曜~金曜、9時~18時)
フリーダイヤル 0120-63-1138
メールでのお問い合わせは
下記送信フォームから

送信フォーム